2 登録フォーム作成

登録フォーム
当システムにおける登録フォーム機能とは、会員制サイト構築に必要な、8タイプのフォームが作成可能です。
特にPayPalに連動した継続課金フォームはPayPalを最大限に活用することができます。
また、9割完成状態でフォームを作成できるため、思いついたらすぐに決済が作れるところが最大の特徴です。

(1)作成可能なフォーム8つの例

作れるフォームが多彩
当システムでは、ビジネスの用途やお客様の状況に合わせた多彩なフォームを作成する事が可能です。
登録率を極限まで上げるために、メールアドレスだけ入力し登録ボタンを押すだけで登録できるシングルオプトインや、PayPalに連動した継続課金の決済フォームまで多彩なフォームが作れます。


フォーム名
解説
シングルオプトインフォーム メールアドレスを一度だけ入力して登録が完了するフォームです。
ダブルオプトインフォーム 仮メール登録を行い、メールアドレスの存在確認を行う登録フォームです。
単発商品販売用フォーム *1 登録の際1回払いの決済を伴うカートを生成。PayPal、銀行に対応
継続課金入会用フォーム *1 PayPalの継続課金を契約する決済フォームです。
アップグレード用フォーム 無料版から有料版など登録時にステータスを変更するフォームです。
メルマガ登録フォーム *1 ダウンロードセンターは提供せずに会員登録のみを行うフォームです。
外部決済を利用したユーザー登録 決済は他ASP等で行い、決済に利用したメールやIDを登録時に入力しユーザー登録を行うフォームです。
既存会員向け追加販売用フォーム 既存の会員向けページ(ダウンロードセンター内)にフォームを設置する事で、購入率を高めることが可能なフォームです。
*1 解説上わかりやすいフォーム名を用いていますが、システム上では別の名称で存在しています。

(2)思いついたら即座に販売!わずか3分で決済フォーム作成

1、フォームの新規作成
フォームの新規作成フォームの新規作成画面で、フォームの名前やフォームのタイプなど必要な初期設定行いますと、フォームが生成されます。
フォームだけではなく登録に必要なページ類も自動で生成されます。
(1)特電法ページ生成(2)特商法ページ自動生成
(3)返信メール自動セット
(4)プライバシーポリシー自動生成


2、プレビューしながら金額等の設定を行う
プレビューしながら金額等の設定
自動生成されたフォームに手を加え、プレビューと修正を行い
目的に合った登録フォームを作りこんでいきます。


3、販売開始
フォームのURLをお客様へ案内する。
フォームが生成出来たらURLをメルマガやサイトに掲載して販売開始する事が出来ます。
システムで自動生成されたURLの他、オリジナルで設置したページにフォームを埋め込んで利用する事で任意のアドレスでの利用可能です。


フォーム作成例
オプトインフォームの作成例11、ナビゲーション自動生成

2、ショッピングカート自動生成

3、フォーム部分自動生成

4、特商法ページ自動生成とリンク

(3)PayPal対応

ペイパル連動ペイパルは、190の国と地域および25通貨に対応する安全・迅速なオンライン決済サービスで、世界最大規模の海外オークションサイト「eBay(イーべイ)」で、もっともよく使われている決済方法です。
初期費用・月額費用も無料から始めることができる、運営者にも非常にメリットの高い決済サービスです。
当社はペイパルパートナーに参加しており、ペイパルの担当者により動作確認済みです。

ペイパルカートの仕組み

(4)会員条件にマッチした特別価格を提案

vip強力な会員検索機能により絞り込みされた会員リストに対し、同一URLのフォームで別々の金額を提示する事が可能です。
たとえば、購入回数に応じて、今日は感謝祭だから5000円割引をしましょうなんてことができます。
これまでは、初回購入を促すクーポンの方が多かったですが、もっと大事にしたいのは5回、10回と購入してくれるお客さん。そんな常連さんに対して、もっとお店を好きになってもらうための特典を提供する事ができます。
 
特別金額オファー【ご利用イメージ】
1、A商品の購入者や未購入者ともに同じURLにアクセス。

2、会員の場合はログインする事で条件を判別し特別価格を提示される。

(5)既存会員向けに手順を省略できるフォームを提供可能

商品を購入する際に、障壁となるのが名前や住所などの個人情報の入力です。
既存の会員であればログインする事で、個人情報を再入力することなく、ボタンを数クリックで購入完了まですすむことが出来ます。
これは楽天等大手モールでも採用されている方法で、追加商品の購入率アップが期待されます。

既存会員向けフォームを利用するメリット
・個人情報の入力が省けるため購入率向上が期待できる
・会員がいつも見慣れた画面内で決済が出来るため安心感が得られる
・商品ラインナップとして決済リンクを並べておけば追加購入が期待できる

手順の比較 通常フォーム
通常フォーム
(1)フォームにアクセス
(2)フォームに個人情報を入力
(3)決済をする
(4)メールで商品提供
会員向けフォーム
内部向けフォーム
(1)ダウンロードセンターにログインしフォームにアクセス
(2)個人情報入力は省略
(3)決済をする
(4)その場で商品提供

(6)販売者の手数を減らす便利な使い方(フォームの利用制限)

フォームの利用制限を活用すれば
利用者を限定することでさらに販売者の手数を減らすことができます。

【利用ケース】
1、日付による制限をかけたい
(1)期間を区切って販売
(2)終了日時になると自動販売終了

2、ステータスによる制限をかけたい
(1)アップグレード用途(無料版になっていないと使えない)

3、回数による制限をかけたい
(1)初回限定価格の提供
(2)おひとり様3個まで

(7)独自ページにフォームを埋め込み

独自に制作したランディングページにツールから生成されたフォームタグを埋め込むことが可能です。
オプトインフォームの作成例2 独自ページにフォームを埋め込み

(8)特定商・特電法ページ自動生成

当システムでは特定商取引ページが自動で生成し、的確な場所に配置します。

有料フォームの場合
⇒「特定商取引法に基づく表記」に変更

無料登録フォームの場合
⇒「特定電子メール法に基づく表記」に変更

お客様の声